FC2ブログ

柴田花蓮の書籍紹介およびお知らせ等のブログです。既刊・新刊の紹介、スペシャルコンテンツの公開(SS掲載)など、あれやこれやが盛りだくさん。たまに呟いていることもありますが、そこは生暖かい目で見守ってください。

*感謝御礼*9/1配信の電子書籍がhontoさんTLランキングで5位になりました!

⇒にほんブログ村 ロマンス小説に参加中☆
⇒人気ブログランキングに参加中☆
 0
9/1に配信された電子書籍の新刊「深窓の歌姫は仮初陛下に溺愛される」ですが、
おかげさまで好評配信中です!
hontoさんの9/4付のTLジャンル別小説でランキング5位になりました。本当にありがとうございました!(><)

今回は初めての長編TL。霧夢ラテ先生の素敵な表紙と挿絵もつけていただき、とっても新しくそして楽しく書かせていただきました。
ヒストリカルロマンス。もちろん官能シーンはより官能的に、スリリングなシーンはよりスリリングに、ヒストリカルな部分はより読みごたえを!
まだまだ未熟な部分もありますが、ぜひとも、一度お手に取って(DL)していただけると光栄です!
hontoさんでは配信中。Amazonnさんでは9/5配信予定です。予約受付中☆

hontoさんの電子書籍販売ページはこちら
Amazonさんの電子書籍販売ページはこちら

気になるあらすじと、素敵な表紙はこちらから↓↓↓

不機嫌かつ無礼な婚約者。彼とは初めて会ったと思ったのだけど――?
歌が得意なリシャール王国の王女エマは、城の奥で大切に育てられている。ある日、内乱により両親を殺されてしまい、信頼する部下と一緒に城を脱出し大国セブラン王国へ助けを求めたエマ。リシャール再建を助ける条件として提示されたのは、リシャール王国の治安が安定するまで一時的にセブランの王子シドが執務にあたること、そして、エマと婚約すること。条件を受け入れたエマはシドに引き合わされるもなぜかシドは慇懃無礼な態度、そのうえ「俺の妃にふさわしい教育が必要だ」と言われ淫らな教育を施されることに。怒涛の展開にエマはすっかり途方に暮れる。一方、エマは側近と引き離されていた。シドは「内乱の黒幕がまだいる」というのだがエマには信じられず、さらに、シドには親し気な女性がいるようで――? 胸に秘めた淡い初恋が時を経ていま、動き始める。
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply